カーフィルムと車検 Vol.2(2017.07.18)

前回のブログで、車検を通すには「フロントガラスと運転席・助手席のガラスは透過率70%以上」
「それ以外のガラスには規定は無い」という事をご紹介しました。
ただし、車検には通っても、安全性を考えると「透過率30%以上」が無難ですよ。というお話もさせていただきました。
今回は、それを踏まえて、色々なカーフィルムの透過率をご紹介します。


ブライトスモーク(透過率約45%)

うっすら色が付いている程度です。
外から車内が普通に車内が見えますので。あまり目隠しにはなりません。微妙なニュアンスを加えたいときに使うフィルムで、車に落ち着いたイメージを与えます。
もちろん、車内からは車外が違和感なく見え、安全です。


ペールスモーク(透過率約30%)

国産の純正プライバシーガラスよりも少し明るめのフィルムです。
外から車内が見えますので、目隠しとしては多少不足を感じるかもしれませんがベーシックなタイプと言えると思います。
車内から車外が違和感なく見えます。ある程度眩しさを軽減してくれるので、日差しの強い時などはかえって安全に感じます。


レギュラースモーク(透過率約20%)

国産の純正プライバシーガラスより少しだけ濃い程度のフィルムです。
外から車内はだいぶ見えにくくなります。ベーシックなタイプのフィルムと言えます。
車内から車外は、日中であれば良く見えます。夜間の運転には注意が必要になってきます。



>トップページに戻る


お問合せ



ご対応エリア:蒲郡市・幸田町・幡豆郡・岡崎市・豊川市・豊橋市などの三河地区全域
各種クレジット対応:VISA・MASTER・JCB・DINERS・AMEX





有限会社 CBS 〒443-0007 愛知県蒲郡市神ノ郷町冷越13-1
TEL.0533-69-9445 FAX.0533-69-9333



TOP  会社案内  業務内容  施工事例  お問合せ 
Copyright(C)2015 CBS All Rights Reserved.

ページトップへ戻る