車磨き特集&豆知識 Vol.1(2019.10.04)

DIYブームの昨今、愛車の小さな傷やくすみが気になって「車も自分で磨きたい!」という方が増えてきていますね。
車磨き用の器具を販売している量販店も多く、ポリッシャーを持っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ただ、思っている以上に車の塗装はデリケートなもの。知識もなく磨くと取り返しのつかないことに・・・。
そこで、車の塗装の構造についてご紹介させていただきます。


車の塗装の構造

まずは今の車の塗装の構造について。これを知らなければ車磨きは始まりません。
現在の車の塗装は下から、地金、化成処理被膜、電着塗装、サーフェイサー、ベース塗料、クリア層という構造になっています。車種やメーカーによって多少違いはありますが、地金に錆止めと塗料を塗りやすくするたの処理をして、下塗り、メインのカラーの上塗り、更に深みを与えて上塗りを保護するクリア層。これが基本的な構造です。
車磨きの目的は、今の塗装を新車の様に蘇らせることですので、塗装の一番上のクリア層の細かな傷を「クリア層の厚みの中でいかにキレイに磨くか」ということになります。このクリア層の厚みは、普通の車で大体30〜40ミクロン。磨いた後もクリア層をきちんと残してきれいに仕上げるには、磨いて大丈夫なのはせいぜい10〜20ミクロンです。
10ミクロンと言えば、0.01ミリ。これはサランラップとほぼ同じ厚さだそうです。ラップ1〜2枚の厚さの中での勝負。初めての方が愛車で試すにはリスクが高すぎます。「どうしても」という方以外は、信頼できる磨き屋さんを探した方が良さそうですね。




>トップページに戻る


お問合せ



ご対応エリア:蒲郡市・幸田町・幡豆郡・岡崎市・豊川市・豊橋市などの三河地区全域
各種クレジット対応:VISA・MASTER・JCB・DINERS・AMEX





有限会社 CBS 〒443-0007 愛知県蒲郡市神ノ郷町冷越13-1
TEL.0533-69-9445 FAX.0533-69-9333



TOP  会社案内  業務内容  施工事例  お問合せ 
Copyright(C)2015 CBS All Rights Reserved.

ページトップへ戻る