夏の日差しとカーフィルム Vol.4「車の窓はみんなUVカット?」

日差しの強い季節のお出かけには、じりじりした暑さや肌トラブルの原因となる「紫外線」や「赤外線」が気になるもの。カーフィルムにはこれらを防ぐ機能を持っているものもあります。そこで今回はUV(紫外線)カットやIR(赤外線)カットができるカーフィルムとその活用法についてお伝えしていきたいと思います。


車の窓ガラスって、元々UVカットじゃないの?

現在販売されている車のウインドウは、皆さん思っている通りほどんどが「UVカットガラス」です。ご注意いただきたいのは古い車の場合。いわゆる旧車はもちろんですが、10〜15年前の車だとUVカットでない場合もよくありますのでお気を付けください。
じゃあ、新しい車ならUVカットフィルムはいらないのか?というと、そうでもないのです。
現在の普通のUVカットガラスは90%UVカット程度。それなら十分とお思いかもしれませんが、逆に言えば10%はUVを通してしまうという事です。
女性が特に気にする肌のシミ。例えば、シミのない肌を一生保つために一日に浴びて良い紫外線は、真夏の日差しだと3分程度だという試算もあるそうです。そうすると、90%UVカットなら30分で一日の許容量ということです。ちょっと車で出かけたら、あっという間に許容量を超えてしまいそうではないですか?
ちなみに、UVカットフィルムの主流は99%UVカット。これなら許容量を超えるのは300分(5時間)。ここまですればよっぽど大丈夫そうですね。




>トップページに戻る


お問合せ



ご対応エリア:蒲郡市・幸田町・幡豆郡・岡崎市・豊川市・豊橋市などの三河地区全域
各種クレジット対応:VISA・MASTER・JCB・DINERS・AMEX





有限会社 CBS 〒443-0007 愛知県蒲郡市神ノ郷町冷越13-1
TEL.0533-69-9445 FAX.0533-69-9333



TOP  会社案内  業務内容  施工事例  お問合せ 
Copyright(C)2015 CBS All Rights Reserved.