夏の日差しは愛車の天敵!思わぬ被害例 Vol.2

真夏の日差しが車にとって、特に塗装面にとって有害だという事は、車を大切にされている方ならご存知かと思います。
ところが地球温暖化の影響かヒートアイランド現象のせいか、最近は過去には考えられなかった熱による車の被害が報告されているんです。
そこで、猛暑による思わぬ車の被害の事例と、そんな被害から車を守るためにどうしたらいいのかをご紹介しようと思います。


ガラスに傷がある時は特に要注意な「熱割れ」

こちらは、それほど頻繁に起きることではないらしいのですが、ガラスに極端な温度差が生じると割れてしまうという現象です。
物は温められると膨張して、冷やされると収縮します。1枚のガラスの中で膨張しようとしている部分と収縮しようとしている部分があると、そのひずみに耐え切れずに割れてしまうのです。冷やしたガラスのコップに熱湯を注いで割ってしまうという、あれです。
この熱割れは、夏よりも冬場、凍り付いたウインドウを溶かそうとお湯をかけたりしてよく起こります。
その逆パターンが夏に起きるんですね。暑くなっている車内を急に冷やそうとエアコンを全開にしたら、冷気が直接当たる部分のウインドウが割れた。という話を聞いています。
防御策としては、そもそも車の室内温度が上がり過ぎないように、駐車場所や駐車時間に注意する事と、ガラスのキズなどは修理をしておく事です。ガラスにキズがあると、その部分に負荷が集中して割れやすくなりますからね。



>トップページに戻る


お問合せ



ご対応エリア:蒲郡市・幸田町・幡豆郡・岡崎市・豊川市・豊橋市などの三河地区全域
各種クレジット対応:VISA・MASTER・JCB・DINERS・AMEX





有限会社 CBS 〒443-0007 愛知県蒲郡市神ノ郷町冷越13-1
TEL.0533-69-9445 FAX.0533-69-9333



TOP  会社案内  業務内容  施工事例  お問合せ 
Copyright(C)2015 CBS All Rights Reserved.